長崎県作業療法士会

長崎県作業療法士学会

長崎県作業療法学会

開催要項

テーマ

CHANGE ~長崎県を日本一元気な街に変えるのは、あなたかもしれない。~

会期 2019年3月30日(土)・31日(日)
会場:3月30日(土)

佐世保市コミュニティセンターホール佐世保市コミュニティセンターホール
長崎県佐世保市光月町6-17

会場:3月31日(日)

アルカスSASEBOアルカスSASEBO
長崎県佐世保市三浦町2-3

主催 (一社)長崎県作業療法士会
参加費 会員:1,000円
県士会非会員作業療法士:10,000円
他職種:1,000円
学生:無料
  • 会員とは長崎県作業療法士会会員または他都道府県作業療法士会会員に限ります。
  • 他都道府県作業療法士会会員は日本作業療法士協会の会員であり、かつ協会と所属士会の今年度会費が納入済みであることが証明できるものをご持参ください。
  • 公開講座:無料
  • 非会員とは長崎県作業療法士会に入会していない作業療法士です。入会手続き(入会金2,000円+今年度会費7,000円)をされて、学会参加費(1,000円)をお支払いください。

学会長挨拶

大会長

このたびの平成30年7月西日本豪雨により被災された皆様ならびにそのご家族の皆様に心よりお見舞い申し上げます。皆様の健康と一日でも早く平穏な生活に戻れるよう、心よりお祈り申し上げます。

第26回長崎県作業療法学会大会長を務めさせて頂きます長崎労災病院の塚本倫央でございます。大会長という責任の重さを感じるとともに身の引き締まる思いです。

私は、岡山から転勤して長崎に移り住み今年で7年目になります。長崎の文化や地域にも徐々に慣れてきたところです。長崎県は、他県からみると坂の街や離島にみられる交通不便な土地であり、高齢者や障害者への配慮と整備が不可欠なのが現状です。我々長崎県作業療法士はこれら環境や文化の上でリハビリテーションを展開しています。他県と比較すると課題は多いことは言うまでもなく、これまで培われた技術や指導力は優れていると自負しています。また、各専門分野においても全国を代表する病院や施設が多いことは言うまでもありません。

長崎県のリハビリテーションは全国に発信する要素は大いにあると思います。

今回の学会テーマは、「CHANGE ~長崎県を日本一元気な街に変えるのは、あなたかもしれない。~」です。 今回の学会を通して若手作業療法士が自信や誇りを持ち全国に飛躍していく第一歩となる学会を目指しております。そこで、今回の教育講演では、全国でご活躍されている長崎県の作業療法士に講演依頼をさせて頂きました。また、市民公開講座では、書家の金澤泰子氏と翔子氏、テレビプロデューサーの菅賢治氏を講師としてお招きしており、長崎県作業療法士会員のみならず多職種や一般の方でも気軽に学会に参加できることも考慮しております。

会場は、これまで県北地区は長崎国際大学が学会会場でしたが、著名人をお招きすることで学会当日は混雑が予測され、佐世保市コミュニティセンターホールとアルカスSASEBOで実施することを決めさせて頂きました。両会場は、市の玄関口である佐世保駅にも近く市民の目にも触れやすいため、作業療法士の学会が佐世保で行われていることやその雰囲気、若手作業療法士が全国に向け何を発信しているのかがアピールできると考えております。

最後に、より多くの皆様から演題のご発表を頂くことが何よりも大切であることは言うまでもありません。素晴らしい県学会にして参りますので皆様方の多くのご参加を心から願っております。

目標は来場者1000人以上、演題数100演題、レセプション参加者150人です。

日本一熱い県学会を目指しています!! よろしくお願いいたします。

学会全般に関するお問い合わせ

第26回長崎県作業療法学会実行委員会
E-mail: info-gakkai@nagasaki-ot.com

このページの先頭へ戻る