長崎県作業療法士会

お問い合わせはこちら
長崎県作業療法士会

県士会主催研修会・現職者研修会

一覧へ戻る

長崎県作業療法士会 福祉用具班 研修会

重度の障害を有していても福祉用具を活用し対象者の自律した生活を支援することは作業療法士の役割の1つと考えられます。今回、ITを含めた福祉用具の活用における支援機器の知識および実践能力の補塡を目的として研修会を企画しました。

今回講演いただく東祐二先生は、元厚生労働省福祉用具住宅改修指揮官です。田中栄一先生は、1993年に弘前大学医療技術短期大学部作業療法学科を卒業、1998年より、国立療養所八雲病院(現、国立病院機構北海道医療センター)に勤務、筋ジストロフィーなど、小児期神経筋疾患への支援技術を活用した活動サポートを行っています。現在、より多くの障害を持つ方が、eスポーツへ参加できるように、一般社団法人 ユニバーサルeスポーツネットワークを設立し支援活動を行っています。

それぞれ福祉用具、コミュニケーション支援についてのエキスパートであるお二人の講義を聞ける貴重な機会ですので是非ご参加ください。

テーマ ITを含めた福祉用具の活用における作業療法士の役割
日時 2月6日(土)14時〜17時半(13時40分より受付開始)
内容 14時~   主催者挨拶、注意事項等
14時10分〜15時40分(90分)第1講演:東 祐二先生

「福祉用具に関する制度ならびにメーカーの動向などを含めた作業療法の方向性」
休憩:10分
15時50分〜17時20分(90分)第2講演:田中 栄一先生

「遊びと学びを楽しもう」〜 ITデバイスの有効活用と注意点〜
17時20分~閉会挨拶

参加費 無料
お問い合わせ 長崎県作業療法士会 事業局 黒木

Email:nagasaki.jigyoukyoku@gmail.com

案内チラシ