作業療法とは

作業療法士とは  障害を持つ人を、自分らしく、住み慣れた場所でいきいきと生活を送れるようにサポートする仕事です。

作業療法士の働く場所

医療施設、介護老人保健施設、肢体不自由児施設、行政機関など作業療法士の活躍の場は多くあります。長崎県下では、約300ヶ所の病院や施設、公的機関などの事業所に900名の作業療法士が在籍しています。

作業療法の対象の方

生活に支障をきたしている、あるいはきたすことが予測される人

体に障害のある人:脳卒中/パーキンソン病/リウマチ/脊髄損傷/その他    心に障害のある人:統合失調症/躁うつ病/アルコール依存症/認知症(痴呆症)/その他    発達に障害のある子ども:脳性麻痺/精神発達遅滞/自閉症/学習障害/その他    老年期に障害のある人:認知症(痴呆症)/脳卒中/骨折/その他

作業療法士の仕事

写真

“あなたらしさ”を生かせる仕事それが作業療法士です。

なんでも楽しむ方!
ITやロボット機器に興味があり、医療現場で活かしたいと思う方!
ものを作ることが好きな方!
音楽やダンスが好きな方!
仕事や家事が得意な方!
遊びが好きな方!
地域医療に貢献したい方!
研究や発明が好きな方!
  ・
  ・
  ・
作業療法は人の営みそのものです。つまり、自分自身を仕事に活かすことができる職業です。

長崎県における作業療法士の地域活動について

作業療法士は病院や施設を中心として従事してまいりましたが、地域でのニーズに応えるべく以下のような活動を行っております。

  • 公民館や地域サークルなどでの健康維持・増進の指導、支援
  • 在宅高齢者や障害児・者などへの訪問による指導・支援
  • 通所介護事業所・訪問介護事業所・児童デイサービスなどの運営
  • 保育所や教育機関と連携した発達障害児などへの指導・支援
  • 地域ケア会議など地域にて求められる各活動への参加
  • 作業療法普及のための地域での啓発活動・相談業務

当会パンフレット

このページの先頭へ戻る